ドライバーの仕事に必要な資格とは?メジャーな資格3選


普通自動車免許は必須

普通自動車免許は、ドライバーとして働くために必須ともいえる資格です。誰もが一度はタクシーを利用したことがありますよね。タクシードライバーは、普通自動車免許で働くことができる代表格の仕事です。働くためには、普通免許取得後3年以上経過していることと、第二種免許が必要となります。第一種免許だけでは働くことができないため注意しましょう。タクシー会社に就職したときに、第二種免許取得の費用を負担してくれることがあります。

中型自動車免許で働ける職業が増える

中型自動車免許を取ることで、普通自動車免許では働くことができない職業にも就くことができるのです。スクールバスや4tトラックなどを扱えるようになり、送迎だけでなく配送業にも従事できます。日常生活に欠かすことができない配送業務は、インターネットショッピングの利用などによって需要が高まっていますよね。人手不足が叫ばれているため、求人が多いのが特徴です。中型免許を取ることで特定の車が扱えるようになるため、仕事の選択肢を増やすことができます。

大型自動車免許があればさらに働ける職業が増える

大型自動車免許を取得すると、運転できる車が一気に増えます。工事現場で活躍するダンプやミキサー車、路線バスのドライバーにもなることができるのです。車体が大きいため、普通車を運転するときとは全く違った操作が必要となります。難易度の高い運転技術を求められ、運転するときには、細心の注意を払わなくてはいけません。大型自動車免許を持っていると、比較的給料が高い職業にも就くことができるようになります。

三重のドライバーの求人は様々にありますが、海に面した県であるため海上コンテナドライバーがおすすめです。