運送トラックのドライバーになりたい?種類と違いを知っておこう!


運送トラックには種類が多い

運送トラックのドライバーの求人は細かく見ていくとかなりの種類があります。大型トラックのドライバーをイメージしている人も多いかもしれません。長距離の運送を担うことが多いのが大型トラックのドライバーの特徴で、体力や気力が求められます。一方、短中距離を主に担当する中型トラックのドライバーの求人も豊富です。拠点から拠点への一時間程度の運転で済むこともありますが、長い場合には半日くらいの運転が必要になります。この他にはBtoCの戸別配送をするトラックのドライバーの求人も多くなってきています。通販のニーズが高まり、ECサイトの運営をしている企業も増えている影響でドライバーの需要が高まっているからです。戸別配送では接客マナーも求められますが、人とのコミュニケーションが多いのは楽しみにもつながるでしょう。

ドライバーとして何をやりたいかによって決めよう

このようにトラックのドライバーの求人を見るとトラックのサイズや運転する距離、BtoCかBtoBかといった点で様々な違いがあります。業務範囲を見てみると複数にまたがることもあるのがわかるでしょう。ドライバーになって何をしたいかをよく考えておかないと適切な求人に応募することはできません。自分が仕事をしている姿をイメージして、高いモチベーションを持って働ける業務はどういうものかを考えてみましょう。やりたいものが複数あるなら業務範囲の広い求人を探し、これこそ自分の求めている仕事というのがあるならその業務に特化した求人を探すのが大切です。

ドライバーの求人は、運転が得意な経験者だけでなく、免許を持っていれば未経験者でも活躍できるものが少なくありません。