どうやってなるの?役員運転手になる方法とは


役員運転手とはなにか

役員運転手とは、特定の企業や人物、組織などに専属で勤めて、その企業や組織に属している社長や役員などの送迎を行うドライバーのことを言います。お抱え運転手とも呼ばれており、ほかの企業の役員の送迎を行うことはありません。基本的には企業などが所有する専用車を使用して送迎を行い、その専用車は高級車であることが多いです。役員運転手の仕事は、送迎だけではなく、車内で快適に過ごすことができるように整えるほか、秘書業務を兼任することもあります。通常のタクシー運転手よりも給与が高いということが特徴といえるでしょう

役員運転手になる方法

役員運転手になるための方法は大きく3つあります。ひとつが求人情報から応募するという方法です。役員運転手を募集する求人情報は、数多くではないですがあります。その情報に応募して受かれば、役員運転手になることができます。最も一般的ななり方であり、求人サイトやハローワークに希望を出して情報収集に努めるとよいでしょう。ふたつ目が知人からの紹介です。タクシー業界などに勤めていると役員運転手の知人もでき、優先的に求人情報を知らせてくれます。三つ目が企業内の部署の移動でなるというものです。

役員運転手になるための資格

役員運転手になるための特別な資格というものは存在しません。車を運転することができればよいので、運転免許があればよいでしょう。しかし、採用試験に合格するためには、いくつかのポイントがあります。まず、ハイクオリティの接客能力を持っていることが求められるので、接客業の経験などをアピールするとよいでしょう。経営層と接することもあるので、高い教養を持っているとよいです。また、事故歴がないということも重要となります。

運転手の派遣は、様々な理由で正社員として働くことを希望しない人も、派遣会社を通じて空いた時間を使って収入を得られるという利点があります。