免許がないと応募できない?ドライバーの求人における実態


業務には免許が必要なのは事実

ドライバーになるには免許がなければならないのかと疑問に思う人もいるでしょう。確かに免許がないと応募できない求人がほとんどで、応募してもペーパードライバーの人は不採用になることも珍しくありません。ただ、必須とされているのは普通車を運転するための第一種普通自動車免許です。業務上、普通免許で十分だから要求事項として挙げているというケースも多いですが、中型免許や大型免許、第二種免許などが必要な場合でも応募できるようになっていることがしばしばあります。入社してから取得できるようにしていて、教習所に通っている間にドライバーとして働く上で必要な知識やノウハウの習得のための研修を実施するというのがよくある対応策です。入社後に成長できる機会まであるのは大きな魅力でしょう。

入社してから取得するなら入社後の待遇に注意が必要

第一種普通自動車免許があればドライバーになれると思うと心が弾むかもしれませんが、入社してから必要な免許を取得するまでは専門業務に従事できないので注意しましょう。求人に記載されている年収や待遇は免許取得後のものということがよくあります。入社後の待遇がどのようになっているかは必ず確認してから応募するかどうかを決めましょう。試用期間という位置付けで給与がかなり下げられていることもあるからです。逆にその期間に頑張って欲しいという意味を込めて給与を高めにしていることもあります。このような入社してから当面の待遇の違いを比較してみると、どの求人に応募したら良いかを判断しやすくなるでしょう。

愛知県のある中部地方は位置的にも産業においても、日本の流通の中心といっても過言ではありません。そのため、近年では愛知のドライバーの求人は年々増加傾向にあります。