トラックドライバーの求人はトラックの種類で業務内容が違う


小型トラックはどんな業務をおこなうか

トラックドライバーの求人とは言えども、その種類は多様です。利用されているトラックの種類によって大きく利用目的が異なるため、求人情報を確認することが必要です。普通免許で乗ることができるトラックとしては、車両総重量3.5トン未満まで乗ることができるため、小型トラックの求人募集に応募することができます。小型トラックとして挙げられているのは、2トンから3トン程度のトラックとなっており、集配業務をはじめ、小さな荷物を配送する業務を行うことが多いです。都市部での集配業務が多いですが、中距離までなら輸送できるため、業者によっては業務内容に含まれることもあります。募集をかけている事業所は多く存在していますが、応募する前に具体的な業務内容や免許の種類を確認して申し込みましょう。

中型と大型トラックの業務内容

業務をおこなう中型トラックは、4トントラックが主流です。準中型、中型免許が必要となりますが、中型の場合人によって乗れるトラックが異なります。というのも、平成19年以前に普通免許を取得している人の場合、8トン限定の中型免許となるからです。それ以降に中型免許を取得した場合は、11トンまで乗れます。そのため、免許をいつ取得したのかが大きなカギとなるでしょう。中型トラックの業務は集配センターへの輸送業務が主流です。フォークリフトを使って重い荷物を運ぶことも必要となるでしょう。
なお、大型トラックの場合、10トン車が主流ですが、中型免許で8トン限定がない人、また、大型免許が必須です。遠距離の集配が多く、日本全国をまたにかける運転を必要とします。

トラックドライバーの求人の中で注目したいのが、ルートドライバーです。店や会社へ荷物を運搬するのが主な業務ですが、基本的に毎日同じルート、店舗を回るので、労働時間が一定していて残業が少ないのが魅力です。