特別な技術はいる?フォークリフトに必要なスキルと仕事におけるメリット


フォークリフトオペレーターになるために必要な資格

物流関係の仕事で荷物の積み下ろしなどを行うフォークリフトオペレーターになるには、事前にフォークリフト運転教育と呼ばれる講習に参加して技術や知識を身に付けることが義務付けられています。学科と実技の2種類の課程を終えて修了試験に合格をすれば完了です。車両を運転する仕事柄、普通自動車免許の取得が必要と認識している人もいますが、敷地内での運転に限り運転免許は必要としません。ただし、公道に出て走行をする場合は別途小型特殊自動車免許が取得が必要になります。

仕事をする上でのメリット

フォークリフトオペレーターとして働く大きなメリットの一つが働きやすさです。フォークリフトオペレーターは需要に対して人手が不足しているのが実情です。引く手あまたの状態になっているため、自分が希望する条件で求人を探すことができます。この仕事は車両を操作して荷物の積み下ろしを行うので、年齢に関係なく活躍することが可能です。長く物流関係で務めた人が加齢によって体力が衰えたことを理由に、フォークリフトオペレーターへ転身するケースも珍しくありません。

働く上で注意すべきポイント

前述したように、フォークリフトオペレーターは慢性的に人手不足に頭を悩ませているので現場で重宝されます。しかし、それによって仕事量が多くなりがちです。車両の運転とリフトの操作の2つをこなさなければいけないため、集中力を持続させなくてはいけません。仕事を通して精神的な負担が大きいという点は、デメリットになることもあります。

トレーラーの求人は、その多くが有資格者を募集する内容になっています。そのため、関連資格を持つ人は就職の際に有利です。